【対象者】
生後2か月~5歳に至るまでの方

【病気の概要】
肺炎球菌感染症は、肺炎球菌という細菌によって発生する病気で、そのほとんどが5歳未満で発生し、特に乳幼児で発生に注意が必要です。
主に気道の分泌物により感染を起こし、症状がないまま菌を保有(保菌)して日常生活を送っている子どもも多くいます。集団生活が始まるとほとんどの子どもが持っているといわれる菌で、主に気道の分泌物により感染を起こします。しかし、これらこの菌が何らかのきっかけで進展すると、肺炎、や中耳炎、敗血症、髄膜炎等になったり、あるいは血液中に菌が侵入するなどして重篤な状態になることがあります。 (引用元:厚生労働省ホームページ)
【標準スケジュール】
小児用肺炎球菌ワクチンは、接種の開始時期によって接種回数が異なります。また、接種が遅れた場合は当初のスケジュールよりも接種回数が減る場合があります。
(最大4回:初回接種3回+追加接種1回)

「初めての接種が生後2~7か月前の場合の接種スケジュール」
・各27日以上の間隔をおいて(標準的には1歳までに)初回接種を3回してください。
・初回接種の2回目と3回目は2歳になってしまうと接種できません。さらに、初回接種の2回目が1歳を過ぎた場合、初回接種の3回目は接種できません。この場合、追加接種を1回接種して完了となります。
・1歳以降(標準的には1歳から1歳3か月)に、初回接種の3回目終了後60日以上の間隔をおいて追加接種を1回してください。

「初めての接種が生後7~12か月前の場合の接種スケジュール」
・27日以上の間隔をおいて(標準的には1歳までに)初回接種を2回してください。
・初回接種の2回目は2歳になってしまうと接種できません。この場合、追加接種を1回接種して完了となります。
・1歳以降(標準的には1歳から1歳3か月)に、初回接種の2回目終了後60日以上の間隔をおいて追加接種1回してください。

「初めての接種が1歳~2歳前の場合の接種スケジュール」
・60日以上の間隔をおいて2回接種してください。

「初めての接種が2歳~5歳前の場合の接種スケジュール」
・1回接種してください。
【通知】
・生後2か月の誕生日の翌月までに初回接種の3回分の予診票を通知します。
・接種の進め方によって、その後の接種回数や追加接種の通知の有無に影響があります。
・追加接種の予診票は、初回接種の3回目を生後9か月までに終了した方に対し、1歳の誕生日の翌月までに通知します。
・初回接種を3回終了できなかった方は、生後2か月頃に通知した予診票の余りを使用して接種を受けてください。また、遅れて初回接種を3回終了した方は、予診票発行手続のため健康センターまで母子健康手帳を持ってお越しください。

【実施医療機関】
・実施医療機関については、下記リンク先の実施医療機関一覧表を御確認下さい。
>>詳細はこちら

お問い合わせ 青梅市健康センター 電話0428-23-2191