【対象者】
1歳~3歳に至るまで

【対象外となる方】
既に水痘(水ぼうそう)にかかったことがある方は接種の対象外になります。

【病気の概要】
水痘とは、いわゆる「水ぼうそう」のことで、水痘帯状疱疹ウイルスというウイルスによって引き起こされる発疹性の病気です。空気感染、飛沫感染、接触感染により広がり、その潜伏期間は感染から2週間程度と言われています。発疹の発現する前から発熱が認められ、典型的な症例では、発疹は紅斑(皮膚の表面が赤くなること)から始まり、水疱、膿疱(粘度のある液体が含まれる水疱)を経て痂皮化(かさぶたになること)して治癒するとされています。一部は重症化し、近年の統計によれば、我が国では水痘は年間100万人程度が発症し、4,000人程度が入院、20人程度が死亡していると推定されています。
水痘は主に小児の病気で、9歳以下での発症が90%以上を占めると言われています。小児における重症化は、熱性痙攣、肺炎、気管支炎等の合併症によるものです。成人での水痘も稀に見られますが、成人に水痘が発症した場合、水痘そのものが重症化するリスクが高いと言われています(厚生労働省ホームページより)。

【標準スケジュール】
1回目(1歳から1歳3か月)接種後6か月から1年の間隔をあけて2回目を接種してください。
なお、1回目と2回目は最短でも3か月以上の間隔をあけてください。

【通知】
1歳の誕生日の翌月までに2枚の予診票を通知します。
麻しん風しん混合ワクチン(MR)の予診票と同封となります。

【実施医療機関】
・実施医療機関については、下記リンク先の実施医療機関一覧表を御確認下さい。
>>詳細はこちら

お問い合わせ 青梅市健康センター 電話0428-23-2191